< 2018年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年05月 >
ホーム  > カテゴリ > 主張

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気な大崎を復興するために「若者の若者による若者のための大崎」を構想しよう

集会への若者の参加が少ない。

残念なことであるが 仕事が忙しく 子育てに忙殺されている現状からいたしかたない。

集会に参加しないだけで「参画意識は非常に高い」ので 情報時代にふさわしい対話のインフラ 仕組みを開発することが大切である。

これは現在最優先すべき政策課題であり、若者のアイデア 若者の挑戦を支援する仕組みは 「元気で明るい大崎を建設するため最優先して投資すべき分野」である。

大崎は田園都市としてこれからのアジアの発展のためこれからの大崎発展のため大切な資源「田園風景・伝統工芸・自然との共生」に恵まれている。

しかし この資源は「若い力・若い知恵・若い情熱」がなければ花開かない。

既に現代社会はWEB社会(情報と人々の知恵が蜘蛛の巣のように張り巡らされた社会)に突入した。われわれの隣人は同じ時差圏(ニュージーランド人・オーストラリア人も隣人)に広がり 国境はどんどんなくなりつつある。

大崎市の若者がWEB時代を先導して どんどん世界に発信する、そんな大崎の元気で明るい楽しい若者が大活躍する大崎を建設するために 若者の力を結集する必要がある。

新しい雇用機会 これからの産業を誘致するために 大崎の若き人材育成は最優先課題である。

(1)大崎を情報インフラ先進地域に

(2)大崎にコンテンツビジネス誘致を

(3)大崎をアジアの稲作文化・田園都市交流の拠点に

情報革命を先取りし 新しいビジネスをどんどん取り込んでいくため 若者のエネルギーを結集する政策を矢継ぎ早に打ち出したい。

若い世代の情熱は大崎市の発展の要である。

若者よ!


スポンサーサイト

テーマ:2010 大崎市長選 ジャンル:政治・経済


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。