FC2ブログ
< 2018年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「子宮頸がん予防ワクチン接種」について > 子宮頸がんワクチン反対 > 「子宮頸がん予防ワクチン接種」について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子宮頸がん予防ワクチン接種」について

今年最初の活動課題は「子宮頸がん予防ワクチン接種」についての賛否を問う声と、本当に必要なワクチンなのかという疑問の声が多くありましたので、このことに関して勉強会を開催しようということになったのです。

今回の「子宮頸がん予防ワクチン接種」の学習会責任者は、福島顯正・板橋睦子・小野寺京子です。

そこで、私たちは佐藤荘太郎先生(大崎市古川在住の内科医)を1月23日に初めて「菜の花の広場」にお呼びしてお話をお伺いすることにしたのです。

会員の中には素晴らしいワクチンと思っていた人もいましたし、10代に打つワクチンに疑問を持っている人もいて...大崎市議会が2月からの接種を決めたことに関して議員の意見も聞きたいということになり、2月6日に2回目の学習会を開くことを決めて、議員にははがきでお知らせをしました。

私たちは「子宮頸がん予防ワクチン不要論」を立ち上げた大崎市古川在住の医師・佐藤荘太郎先生に、再度「菜の花の広場」にお越し頂き、大崎市議会議員(6人)と共に2回目の学習会を開きました。

http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110207ddlk04040121000c.html

関心を持つ市民への呼びかけは JK-Blog でも行いました。

当日は、加美町議員・伊藤由子さんも同席してくださいました。

会場にはマスコミ関係者もいましたが、毎日新聞社(小原博人記者)宮城県版の記事が、(2月7日掲載)yahoo-Japanにも取り上げられて、今大きな反響を呼んでいます。

私たちは、このことがきっかけになり、任意接種の該当者一人一人の家族が真剣に10代へ打つ「子宮頸がん予防ワクチン」に関して情報を集め、命に関することを一生懸命に考えて頂きたいという熱い思いで、これからも菜の花の広場の活動を続けて参りたいと考えております。

※掲載文の他サイトへの引用されたものついては、当団体では情報の管理はできかねますので一切責任は負わないことといたします。


子宮頸がんワクチン反対バナー

テーマ:宮城県 ジャンル:地域情報

住んでる市が世に知れ渡る心地よさ

2011/02/11(Fri)13:35

菜の花の広場の勉強会が全国紙で紹介され、更にヤフーのニユースのトップで公開されてる事に大変に驚かされました。知らなかったことを、勉強を、市民のグループで行い真か嘘かを個人独自の考えを見極め確立する。日本の先覚者吉野作造さんが提唱する政治は国民の幸せのためということを忘れずに、正しいと思うことを実行している皆さんの意欲と、情報公開の発展に、作造さんは驚愕の喜びを感じてるに相違ありませんね。

名前:juichi onodera (URL) 編集

快挙ですな

2011/02/13(Sun)20:18

これを機会に日本人がワクチン問題を根本から考えてくれるように希望します。

名前:さてはてメモ帳 (URL編集

わが町の町長にもメールを出したよ!

2011/02/14(Mon)08:51

埼玉県の美里町ですが、昨年9月に町議会に子宮頸がんワクチンの助成金を求める案が出ておりまだ助成金は出ていません。町長に危険であることを町のHPの「町長へのメール」で知らせました。集団接種ではないから、とか副反応は軽いから、・・・みたいなお返事でやや心もとない感じでした。
でも、今回の菜の花広場の記事やダウンロードできる書類が有ればまた、アプローチできます。ありがとうございます。
皆さんお住まいの地町で、議員さんや町長さんに訴えましょう!

名前:シフォンj (URL) 編集

身近なところから

2011/02/14(Mon)10:39

シフォンJさんコメントありがとうございました。私たちも自分たちの身近なところから、声を上げてゆきたいと思います。市民の代弁者である議員たちに今一度このワクチンの必要性について真剣に考えてほしいと思います。「任意接種である」ことと、良いことだと信じていることが伺えます。もっと深く掘り下げて考えてほしいと思います。

名前:小野寺京子 (URL編集

このワクチンは、詐欺で薬害でしかありません。絶対反対!

2011/02/15(Tue)01:48

豪州在住の私は、2007年4月から同種のワクチン、ガーダシルが女子に打たれるようになる前にこのワクチンについて調べ始めました。

日本でGSKのサーバリックスが販売されると聞き、より多くの記事などを探して調べましたが、最初からインチキだらけの薬害です(私のブログ参照)。

後発のサーバリックスにはまだ充分なデータが出ていないとも言えますし、医療サイドも原因とみなすことを避けるので公的な数字にされていませんが、すでに10数名の死亡は確認されていました。

また米国では公的機関に報告され、公表されているだけで、ガーダシルによる死者数は80を優に超えています。ワクチンによる早産、流産のトップでもあります。そして本当の被害者実数は、この10倍とも100倍とも言われているのです。

これを読まれた皆さん、どうか言われたことを鵜呑みにせず、接種すべきかどうかよく調べてください。

小野寺さんとお仲間の皆さん、および佐藤先生のご尽力に、遠い空から声援を送ります。

名前:千早 (URL編集

応援しています!

2011/02/16(Wed)22:15

毎日新聞の記事みました。
医師の方が子宮頸がんワクチンの有効性に疑義を唱えてくれた
ことを心強く感じます。応援します。
NAOKI
以下のサイトで公費助成について全国の市議にアンケート調査
を実施していますよ。
http://tamekiyo.com/documents/original/vaccine_kohi.html

名前:THINKER Question Authority (URL編集

一市民としての声

2011/02/17(Thu)12:21

一人の命は地球より重いと過去に発言した政治家がいます。またある地方政治家は悪法と言えど法であるとうそぶきました。私たち市民はしっかり目を見開いて彼らの欺瞞を見抜きましょう。自分と自分につながる命は神から託されたものです。それを守るのは私たちの責任です。こんないい加減な政治家の決めたことを押し付けられては誰がその命を守ってくれるでしょう。危ないものには「ストップ」です。これは動物的な本能です。

名前:itahasimutuko (URL) 編集

2011/02/17(Thu)20:47

人は単純であるべきだと最近は強く思います。単純だと意外と感じやすい人間として生活できるのではないかと思います。動物的感が鈍ったり、自然治癒力が弱まってしまうような生き方を現代人は敢えて避けるべきだと思うのですが....。

名前:小野寺京子 (URL編集

米国バージニア州でHPVワクチン接種義務の解除に向けた動き

2011/02/18(Fri)03:08

Beyond 5 sensesというブログに以下の記事が載りました。

「米国バージニア州でHPVワクチン接種義務の解除に向けた動き」
http://tamekiyo.com/documents/original/20110217.html

名前:N・G (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。